スポーツ障害・外傷

  • いつも同じ方の足を捻挫してしまう
  • ゴルフの練習中に背中が痛くなった
  • 野球肘・テニス肘による痛みで悩んでいる
  • 体の左右のバランスが悪い気がする

スポーツの痛み・症状に対応

スポーツ障害・外傷とは|仙台市青葉区 道玄坂鍼灸接骨院

 

スポーツ障害・外傷の施術風景

スポーツ障害とは、スポーツ中、繰り返し同じ動作をすることで、筋肉・骨・腱・靭帯などを痛めてしまうことを言います。
それに対し、「骨折」「捻挫」「肉離れ」「脱臼」「断裂」など、スポーツ中に痛めてしまうケガのことを「スポーツ外傷」と呼びます。
野球やテニス、サッカーなど、長期的に同じスポーツを続けていると、体の一部分に負荷をかけ続けるので、身体のバランスを崩しやすいです。
成人だけでなく、部活などで子どもの成長期にも起こりやすい障害でもあります。
当院では、疲労で緊張した筋肉をほぐしたり、整体で身体のバランスを整え、体の軸を安定させたり、関節の角度を調整することで身体本来の機能を取り戻し、改善へと導きます。

スポーツ障害・外傷の施術|仙台市青葉区 道玄坂鍼灸接骨院

スポーツによくある症状、捻挫・肉離れ・突き指や、成長期によくある症状、ジャンパーズニー、オスグットなど、あらゆる痛みに応えます。
野球選手の肘・肩の故障やテニス選手の腱鞘炎などの症状もよくご来院いただいています。
当院では捻挫・挫傷は腫れがひくまではアイシング、テーピングなどを行います。
腫れが引いた後、筋肉の状態を正しい位置にもどすため、再発防止のための手技マッサージや電気施術を行います。
痛みの酷いかた、早く治したい方は鎮痛効果のある鍼を行う場合もあります。
鍼は痛いものではなく軽くチクッとする程度ですのでご安心ください。
高橋院長は日石野球部のトレーナーをしていたこともあり、東北福祉大学出身、マリナーズの佐々木選手や、中日の和田選手、斎藤たかし選手、オリックスの岸本選手などの施術経験もあります。

 

施術例

仙台市青葉区南吉成 10代男性 S君 スポーツ障害

仙台市青葉区南吉成 10代男性 S君 スポーツ障害

S君は野球部で、高校3年生の春の大会にでたあとから背部痛があり、電気とマッサージで施術しました。

夏の大会はおしくも1回戦でやぶれましたが、秋にドラフト1位で広島にピッチャーで入団しました。

※効果には個人差があります。

仙台市青葉区吉成 10代男性N君 スポーツ障害

仙台市青葉区南吉成 10代男性 S君 スポーツ障害

N君は高校野球の大会直前で肘を壊して、約1ヵ月間くらい毎日通院されました。

県大会ベスト4までいきましたが、あまりの痛みで一時は無理だろうといわれました。

施術は肘に鍼を刺しました。鍼をさすことによって自然治癒力が増大し、脳に信号をおくるのです。それを完治した脳が回復するよう働きかけます。

無事大会でも投げきることができ、大変喜んでいました。

※効果には個人差があります。

アクセス・ご案内

道玄坂鍼灸接骨院

  • 【店舗名】道玄坂鍼灸接骨院
  • 【住所】〒989-3205 宮城県仙台市青葉区吉成1丁目2−22
  • 【TEL】022-279-9092
  • 【平日】8:30~12:00/14:30~19:00
    【土曜】8:30~17:00
    【休診】木曜午後・日祝
  • 【施術者】高橋克之

受付時間(予約優先制)

【受付時間】8時~12時:月火水木金土、14時半~19時:月火水、14時半~17時:木土

土曜午前8:30~13:00 日祝休

tel:022-279-9092

PAGE TOPへ