坐骨神経の痛み

  • ヘルニアがあって、坐骨神経の症状がでている
  • 仙腸関節に炎症があり、そこから坐骨神経痛
  • 足にしびれがある
  • ゴルフや野球など片側をつかうスポーツをしている
  • タクシーの運転手、トラックの運転手など長時間すわる職業の方

坐骨神経の痛みの原因とは?|仙台市青葉区 道玄坂鍼灸接骨院

坐骨神経に痛みが起こる原因は、お尻の後ろ側(真ん中の骨と側面の骨のつなぎ目)が加齢や普段の姿勢、そのほかにゴルフをやる人など、スポーツ特有の負荷がかかって、仙腸関節に特有の炎症が起きることが多いです。

仙腸関節が動く範囲というのはわずか2・3ミリなのですが、そこにロックがかかると痛みが生じやすくなります。

検査をすれば、それがヘルニアによっての痛みなのか仙腸関節に起因する痛みかがわかります。
坐骨神経痛で道玄坂鍼灸接骨院に来られるの方の多くは仙腸関節に起因する痛みです。

坐骨神経痛の施術法|仙台市青葉区 道玄坂鍼灸接骨院

仙台市青葉区の道玄坂鍼灸接骨院ではAKAといわれる関節を操体法で施術します。

AKA(関節包内矯正)

わずかな力、微細な力で関節を動かし、力の方向と圧の強さがぴたっとあってると
驚くほどの成果が期待できます。かかっているロックが解除される感じです。

そもそもなぜ、仙腸関節のロックがかかっているかというと
加齢だったり、座りすぎなど長年の姿勢の問題、日常生活のくせで引き起こされる場合が多いです。

当院へお越しの方はゴルフをやる人が多いのですが、検査をすると、仙腸関節を痛めている方が多いですね。やはり片側をつかうスポーツなので負荷がかかりやすいのでしょうね。

操体法

操体法の中の「骨盤矯正」という手技がいくつかあるのですが、その中の一つが坐骨神経痛に抜群に効果が期待できます。

道玄坂鍼灸接骨院の院長自身、お尻が痛いことがあって、操体法の先生にやってもらったんです。それに感動して、同じ手技を患者さんに施したのですが、かなり改善が見られました。それ以来、当院ではAKAと操体法の組み合わせは、坐骨神経痛に効果があると考えます。

坐骨神経痛の通院頻度|仙台市青葉区 道玄坂鍼灸接骨院

坐骨神経痛は慢性の痛みなので、すぐに効果があるというものではなく、だいたい8回くらいの通院、2ヶ月くらいで改善する方が多いです。

慢性症状の場合、健康保険は使えません。自由診療となります。

  

皆さまの声|仙台市青葉区 道玄坂鍼灸接骨院

記事がありませんでした

アクセス・ご案内

道玄坂鍼灸接骨院

  • 【店舗名】道玄坂鍼灸接骨院
  • 【住所】〒989-3205 宮城県仙台市青葉区吉成1丁目2-22
  • 【TEL】022-279-9092
  • 【平日】8:30~12:00/14:30~19:00
    【土曜】8:30~17:00
    【休診】木曜午後・日祝
  • 【施術者】高橋克之

受付時間(予約優先制)

【受付時間】8時~12時:月火水木金土、14時半~19時:月火水、14時半~17時:木土

土曜午前8:30~13:00 日祝休

tel:022-279-9092

PAGE TOPへ